水は胃腸の働きに影響する

胃を目覚めさせる

朝、目覚めて一杯の水を飲むと、胃が目を覚まして体の細胞がゆっくりと目覚めるといわれています。とくに、朝飲むこの一杯は、白湯や常温の水がおすすめ。胃がびっくりしない温度の方が良いとされています。
胃は、私たちが寝ている間には食べ物を入れていないため、ゆっくりとその機能を休ませています。私たちが目覚めた後も、まだゆっくりとまどろんでいる状態です。そこにゆっくりと目覚めの水を入れてあげることで、胃が目覚め、スムーズに機能しやすくなります。
とくにウォーターサーバは、こうした胃に優しい温度の常温や白湯が手軽に準備できる利便性があります。
起き抜けに、まどろみながら白湯を飲みつつ、胃もゆっくりと目覚めさせることは、その後の健康的な活動のために大きな役割を果たしてくれるのです。

食物繊維は含まれていないのに

また水を定期的に飲むと、快便効果も高くなります。食物繊維は含まれていないのに、毎朝健康的な生活を送ることが可能となるのです。その理由は、水分によって腸のぜん動運動がスムーズに行われるため。
胃腸は健康的に活動するために水分を欲します。水分は、私たちの身体の細胞が正しく機能するためにも欠かせません。もし水分が少なくなると、身体は危険信号を発し、機能の一部は正しく働かなくなります。そしてぜん動も緩やかになり、便秘を引き起こしてしまうこともあるのです。また水分が潤沢にあると、腸内で水分を取り込み、体内の便を動かしやすくなります。
ウォーターサーバの水には、ミネラルが豊富に含まれています。このミネラルによって、腸の働きは活性化しやすく、とくに腸内健康を保つのにも効果的といえるのです。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c