ウォーターサーバによって水を楽しむ

精神の安定には水が必要

緊張した時、身体が乾いているような気がする。そんな経験はありませんか。実は身体が緊張状態にあるとき、身体は水分を欲しているものです。緊張によって体内温度が上がり、身体は熱を発しています。熱によって、本来身体を維持するために必要な水分は、少しずつ蒸発して体内水分量が減ってしまうのです。
そんなときに身体は水を欲します。とくに緊張感が高いときには、脳細胞に多くの血液が上がっています。上昇する血液の動きによって熱を帯びている中で水を飲むと、その血液には充分な水分が行き渡り、精神状態が落ち着くのです。
またウォーターサーバの水には、カルシウムやマグネシウムといったミネラルが多く含まれていることが多いもの。このミネラルは、私たちの神経細胞を鎮静化する効果もあるのです。

疲労を軽減させる効果も

また水を飲むと、披露を回復させることもできるといわれています。疲労は、身体より先に脳が感じるものでもあるのですが、水を飲むことで体内の循環を円滑に保つことができます。体内循環が円滑に進むと、疲労物質が蓄積することが少なくなります。つまり、疲労感を感じることなく過ごすことができるというわけです。
水を定期的に飲むことで、代謝が下がらず、脳だけでなく身体も疲労感を感じづらくなります。疲労は万病を引き起こす元になるともいわれる厄介なもの。健康を保つためには、疲労感を感じづらい身体を維持することが大切なのです。
ご家庭にウォーターサーバがあることで、マメに水分補給ができます。つまり疲労感を感じづらい環境や脳内の健康を保つのに効果的といえます。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c